銀行カードローンの審査に通らないときの原因はこれだ!

もしあなたが銀行カードローンの審査に通らないときは、次の3つのうちどれかが原因になっている可能性が高いです。

画像

カードローンの主な審査落ち原因とは?

1.収入が足りていない
2.すでに借り過ぎている
3.申込み回数が多すぎる

どれか一つでも当てはまると審査に落ちてしまいます

銀行カードローンの審査に通らないとき、今紹介した3つのどれかが原因で審査に落ちていることが多いです。

基本的に銀行カードローンというのは、審査基準がはっきりとしているので、必要条件さえみたせば審査結果が変わることも多いです。

そのため、まずは「あなたが審査に通らない本当の原因はどこにあるのか?」をしっかりと調べていきましょう。

審査に通らない原因さえ分かればあとは対策をすればいいだけ!最後まであきらめずカードローン審査に通れるように頑張っていきましょう!

 

審査に落ちてもまずは「慌てない」ことが大切

審査に落ちてしまうと、体から変な汗が出たり、「これからどうしよう…」って焦ってしまいますよね。

ですが、そんなときこそまずは深呼吸して落ち着くことが大切。

繰り返しになりますが、銀行カードローンの審査はとても明確です。

だからこそ審査落ちの原因さえ分かれば、審査結果が変わることも沢山あるんです。

それに申し込む銀行カードローン先を変えてしまえば、審査に通ることも沢山あるので、最後まであきらめないことも重要。

なので、今から紹介する審査に通らない原因をしっかりと受け止めて、そこからどう進んでいくかを一緒に考えて行きましょう。

 

銀行カードローンの審査に通らない時はここを見直す!

1.収入が足りていない

カードローンの審査に通らないときの最大の原因として「収入が足りていない」という可能性があります。

銀行カードローンの審査基準として「安定した収入がある」と言うのがありますが、審査に通るための目安年収は200万円くらいが相場だと言われています。

そのため、もしあなたが銀行カードローンの審査に落ち続けているのであれば、この年収不足をまずは疑ってみて下さい。

主な審査対策としては以下の方法が有効です。

年収不足に対しての対策

・手取り年収ではなく額面で申告
・副収入があればそれも申告
・配偶者との収入合算してみる
・消費者金融に審査を申し込む
・限度額を低めにして申し込む など

これらの対策をすれば、審査に通る可能性がアップしやすいです。

特に銀行カードローンの場合、審査申込者が専業主婦であれば、夫(配偶者)に十分な収入があれば審査に通るケースがあります。

また年収が200万円に満たなくても、限度額を10万円などの低めにして申し込めば審査に通ることもあります。

どうしても審査に通らないのであれば、消費者金融のカードローンを申し込んだ方が良いケースもあるので、申込先を変えてみることもおすすめします。

 

2.すでに借り過ぎている

銀行カードローンの審査に通らないもう一つの原因としては「すでに借り過ぎている」ことが考えられます。

確かに銀行カードローンは年収の3分の1以上も借りれる総量規制対象外のカードローンで間違いありません。

ですが、総量規制対象外と言うのは無制限にキャッシングできるという意味ではありません。

あくまで、年収の3分の1以上借りれるというだけなので、年収以上のお金を誰でも借りれる訳ではないんです。

銀行カードローンの融資条件

・収入が十分あると判断できる
・返済履歴に滞納や未納がない
・収入と返済のバランスが取れている

これらの条件を満たした場合に銀行側はカードローンを発行します。

つまり、銀行側としてもすでに借り過ぎている人を対象には、融資も消極的になってしまうんです。

そのため、すでに借り過ぎているときの審査対策としては次の通り。

借り過ぎているときの対策
・他社の限度額を減額する
・おまとめ目的で借りる
・完済実績を先に作る など

これらの対策をすることで、銀行側も限度額を低額にするなどの条件で融資をしてくれる可能性がでてきます。

特にカードローンの多くは「包括契約」になっているので、「カードローンの限度額=現在の借金」と判断されてしまいがち。

なので、他社カードローンに少しでも余った枠があれば、減額手続きをしてから審査を申し込むなどの方法もあります。(減額しても審査に通らないこともあるので注意!)

また銀行カードローンは返済実績や完済実績がある人を評価するので、まずは1社だけでも完済実績を作ってしまうのはとても良い審査対策と言えます。

 

3.申込み回数が多すぎる

意外な審査落ちの原因として「カードローン審査を短期間に申し込み過ぎている」というのがあります。

実はカードローン審査の申込み履歴は、CICやJICCと呼ばれる信用情報機関で補完されています。

そのため、あまりにも短期間で何社も何社も審査を申し込んでしまっていると、一時的に審査に通らなくなってしまうんです。

この時の審査対策としては時間が過ぎるのを待つしかありません。

1か月の間に4社以上の審査を申し込んでいるのであれば、少なくとも1か月以上は期間を空けてから、新規の審査を申し込むことをおすすめします。

 

銀行カードローンの審査対策でもっとも効果的な方法とは?

銀行カードローンの審査対策のなかで、今すぐできる一番効果的な方法があります。

それは「限度額を10万円にして申し込む」と言う方法。

実はカードローン審査の場合、限度額を低くすれば低くするほど、審査に通る可能性もアップするんです。

と言うのも、銀行側としてもあまりにも高すぎる限度額は審査の時に慎重になってしまうから。

その点、限度額が低い状態で審査を申し込んだ人に対しては、「すぐに回収できそう」「10万円くらいなら確実に返せそうでしょ」と判断するケースが増えるんです。

もちろん必ず成功する方法ではありませんし、すでに借り過ぎている場合や返済履歴に問題がある場合は審査に通りません。

ですが、限度額を低くして審査を申し込む方法はとても有効なので、さっそく試してみて下さい。

なかでも三井住友銀行カードローンなら、審査に通過した次の日から増額審査を申し込めるのでとてもおすすめ。

口座開設なし・低金利で即日キャッシングができるので、もしあなたがお金がなくて本当に困っているなら、今すぐ三井住友銀行カードローンに審査を申し込んでみて下さい。

きっと三井住友銀行カードローンならあなたの心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

最後まであきらめず、あなたの今一番のピンチを切り抜けてくださいね!

>>三井住友銀行カードローンの詳細はこちら!<<
↑詳細は今すぐクリック!↑

 

あなたにおすすめしたいカードローンのまとめ!

三井住友銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

モビット

プロミス