Skip to content

Monthly Archives: 11月 2016

カードローンは何を元に審査するか

カードローンは、まずその人の属性を調べます。名前、就職先、肩書、年収などを基準に審査を進めています。その理由としては、ちゃんとその人がお金を借りて、返す力があるのかを検証するためです。怪しいときは、その人が会社に在籍しているかもしっかり調べます。また年収から、だいたいどれくらいの金額なら、ちゃんと返してくれるかを審査し、カードローンの借入限度額を決めるのです。また、その人がほかにどんな借り入れをしているかも審査の対象です。住宅ローンは特に問題ないのですが、ほかのカードローンなどで滞納していたり、カーローンなどしてないかなども確認します。あまりにも借り入れが多かったり、滞納したいたりすると、信用ができず、審査が通らなくなることもあります。また、過去に事件を起こしていたり、暴力団関係者ではないかも調べます。

審査に通るためにできる対策としては、現在他で借り入れしている場合、あまりにも多ければ少し返しておくことです。また、滞納しているものはすぐに返金しておきましょう。借入限度額はその人の年収や借入額などを見て、審査側がいくらにするかを決めるので、少し高めの設定で希望を出しておいてもいいと思います。

カードローンの審査基準として重要視されるポイントは?

カードローンとまとめてしまっても、消費者金融系から銀行系の商材まで様々なサービスが提供されています。

しかし、これらのカードローンの審査基準としては、共通するものであり、申し込みをする際の重要なポイントとなります。

そもそも、カードローンを提供する消費者金融や銀行は、収入の安定しない契約申込者に対しては厳しい審査となっており、万が一の場合、貸し倒れといった問題になってしまいます。そのため、申し込みを行う際については、年収や勤続年数、勤務先といった内容が重視されます。

特に、銀行系カードローンの場合、勤務先の業績についても注視している場合があり、赤字が続く企業の社員に対する審査基準のハードルは高くなります。

また、審査基準としては、申し込みを行う際の現住所が重要であり、居住年数や居住形態まで確認される場合があります。

これは、債務超過に陥ったまたは陥る前に、資産を処分することで返済が可能かどうかや債務整理が行われた際、ある程度の融資額を回収可能かという判断基準になっています。

その他、審査基準については、各消費者金融や銀行により、異なる点はあるものの短期間で複数社のカードローンを申し込みしている場合は、債務超過の危険性が高いと判断される可能性があるため、カードローンの審査は1社毎に行うことが重要となります。

カードローンの審査が可決されるためのポイント

カードローンは審査が可決されないと利用する事が出来ませんので審査が可決されるためのポイントを見ていく事にしましょう。まずカードローンの利用条件は基本的にどの業者も同じで20歳以上で安定した収入がある人となっています。それでこの利用条件に該当していれば審査通過率も高くなりますが、問題になってくるのは安定した収入があるという意味です。安定した収入とは月々に一定の収入があるという事なので年収が多くても無収入の月があると収入が安定しているとは言えません。また年収は少なくても月々に一定の収入を得ていれば収入が安定していると言えます。そのため月々に一定の収入を得ておくという事が審査が可決されるために重要なポイントと言えるでしょう。

カードローンの審査では返済能力があるかどうかも重視されます。そこで安定した収入を得ているという事はもちろん重要ですが、他社からの借り入れがあると審査にマイナスポイントになってしまいます。他社から借り入れがあると他にも借金があるという事で返済能力に疑問を持たれてしまいます。年収と見比べて借金が多いと判断された場合は返済能力がないと判断されてしまい審査が否決されてしまいます。そのためカードローンを利用する時は他社からの借り入れはない状態にしておく事が大切です。