カードローンとまとめてしまっても、消費者金融系から銀行系の商材まで様々なサービスが提供されています。

しかし、これらのカードローンの審査基準としては、共通するものであり、申し込みをする際の重要なポイントとなります。

そもそも、カードローンを提供する消費者金融や銀行は、収入の安定しない契約申込者に対しては厳しい審査となっており、万が一の場合、貸し倒れといった問題になってしまいます。そのため、申し込みを行う際については、年収や勤続年数、勤務先といった内容が重視されます。

特に、銀行系カードローンの場合、勤務先の業績についても注視している場合があり、赤字が続く企業の社員に対する審査基準のハードルは高くなります。

また、審査基準としては、申し込みを行う際の現住所が重要であり、居住年数や居住形態まで確認される場合があります。

これは、債務超過に陥ったまたは陥る前に、資産を処分することで返済が可能かどうかや債務整理が行われた際、ある程度の融資額を回収可能かという判断基準になっています。

その他、審査基準については、各消費者金融や銀行により、異なる点はあるものの短期間で複数社のカードローンを申し込みしている場合は、債務超過の危険性が高いと判断される可能性があるため、カードローンの審査は1社毎に行うことが重要となります。