カードローンは、まずその人の属性を調べます。名前、就職先、肩書、年収などを基準に審査を進めています。その理由としては、ちゃんとその人がお金を借りて、返す力があるのかを検証するためです。怪しいときは、その人が会社に在籍しているかもしっかり調べます。また年収から、だいたいどれくらいの金額なら、ちゃんと返してくれるかを審査し、カードローンの借入限度額を決めるのです。また、その人がほかにどんな借り入れをしているかも審査の対象です。住宅ローンは特に問題ないのですが、ほかのカードローンなどで滞納していたり、カーローンなどしてないかなども確認します。あまりにも借り入れが多かったり、滞納したいたりすると、信用ができず、審査が通らなくなることもあります。また、過去に事件を起こしていたり、暴力団関係者ではないかも調べます。

審査に通るためにできる対策としては、現在他で借り入れしている場合、あまりにも多ければ少し返しておくことです。また、滞納しているものはすぐに返金しておきましょう。借入限度額はその人の年収や借入額などを見て、審査側がいくらにするかを決めるので、少し高めの設定で希望を出しておいてもいいと思います。