カードローンは審査が可決されないと利用する事が出来ませんので審査が可決されるためのポイントを見ていく事にしましょう。まずカードローンの利用条件は基本的にどの業者も同じで20歳以上で安定した収入がある人となっています。それでこの利用条件に該当していれば審査通過率も高くなりますが、問題になってくるのは安定した収入があるという意味です。安定した収入とは月々に一定の収入があるという事なので年収が多くても無収入の月があると収入が安定しているとは言えません。また年収は少なくても月々に一定の収入を得ていれば収入が安定していると言えます。そのため月々に一定の収入を得ておくという事が審査が可決されるために重要なポイントと言えるでしょう。

カードローンの審査では返済能力があるかどうかも重視されます。そこで安定した収入を得ているという事はもちろん重要ですが、他社からの借り入れがあると審査にマイナスポイントになってしまいます。他社から借り入れがあると他にも借金があるという事で返済能力に疑問を持たれてしまいます。年収と見比べて借金が多いと判断された場合は返済能力がないと判断されてしまい審査が否決されてしまいます。そのためカードローンを利用する時は他社からの借り入れはない状態にしておく事が大切です。